029:日本の宇宙開発を開いたペンシルロケット

◇世界が注目したユニークな実験
 1953(昭和28)年、東京大学の生産技術研究所に、糸川英夫という教授がいました。1945年に日本が太平洋戦争に負け、アメリカに占領されていた状態から、やっと独立して間もないころですね。彼が、「太平洋を数十分でひとっ飛びしよう」という旗印のもとに、AVSA研究班というロケットの研究グループの準備会議を開きました。

………

※本文の続きは、「YAC団員・指導員マイページ」からご覧いただけます。ご覧いただくためには、団員登録またはリーダー登録が必要です。

すでにYAC団員、指導員の方はこちらから(団員・リーダー番号&パスワードが必要です)

新たに入団されたい方はこちら