トップページ > YAC通信 > メディアニュース > 2012年5月の記事一覧

YAC通信

メディアニュース

2012年5月の記事一覧

5月21日(月)、各地で金環日食/部分日食の観察が行われました。

これだけ日本の広範囲で見られたのはおよそ900年ぶりのこと。そして次回はおよそ300年後。

300年後の日本はどんな社会で、人々はどんな気持ちで空を見上げるのでしょうか。

 

5月22日(火)の『産経新聞』で、香川小惑星分団の観測会のようすが紹介されました。

 

くわしくはこちらをご覧ください。

 

(掲載期間を終了し、記事内容が閲覧できない場合もあります。その場合、記事タイトルを検索サイトなどで探されることをお勧めいたします。)

5月21日(月)の金環日食に向けて、5月19日(土)に、安全な観察方法についての講習会を香川小惑星分団が開催したことが、5月20日(日)付の四国新聞等で紹介されました。

 

『四国新聞』 2012年5月20日(日)

金環日食、安全に観測して/宇宙少年団が講習会

 

『毎日新聞』 2012年5月20日(日)

金環日食:観測方法試す 高松で講習/香川

 

(掲載期間を終了し、記事内容が閲覧できない場合もあります。その場合、記事タイトルを検索サイトなどで探されることをお勧めいたします。)

香川大学博物館で開催された企画展「小惑星探査機『はやぶさ』帰還カプセル展」への貢献に対し、同大より香川小惑星分団へ感謝状が贈られたことが、5月18日(金)付の四国新聞に紹介されました。

 

くわしくはこちらをご覧ください。

 

(掲載期間を終了し、記事内容が閲覧できない場合もあります。その場合、記事タイトルを検索サイトなどで探されることをお勧めいたします。)

5月21日(月)の金環食に向けて、19日(土)に香川小惑星分団が、安全な観察方法を紹介する直前説明会を開催することが、5月16日(水)付の朝日新聞で紹介されました。

 

くわしくはこちらをご覧ください。

 

(掲載期間を終了し、記事内容が閲覧できない場合もあります。その場合、記事タイトルを検索サイトなどで探されることをお勧めいたします。)

4月16日(月)付の四国新聞等で、2000年秋に発見された小惑星に、"Okauchi takashige" と、香川小惑星分団の岡内分団長の名前がつけられたことが紹介されました。

 

小惑星に個人名がつけられたのは、四国初だそうです。

 

『四国新聞』 2012年4月13日(金)

小惑星に岡内さん(高松)の名前/長年の活動評価

 

『産経新聞』 2012年4月27日(金)

小惑星に高松・岡内さんの名前 国分寺隕石の調査研究に尽力

 

『朝日新聞』2012年5月10日(木)

小惑星に私の名前

 

『読売新聞』2012年5月14日(月)

長年活動、「宇宙が褒美」

 

(掲載期間を終了し、記事内容が閲覧できない場合もあります。その場合、記事タイトルを検索サイトなどで探されることをお勧めいたします。)

10月7日(日)に開催される第2回天文宇宙検定の監修委員を、松本理事長が務めることが、5月11日(金)付の『リセマム』で紹介されました。

 

くわしくは、こちらをご覧ください。

 

(掲載期間を終了し、記事内容が閲覧できない場合もあります。その場合、記事タイトルを検索サイトなどで探されることをお勧めいたします。)