トップページ > YAC通信 > メディアニュース > 2011年9月の記事一覧

YAC通信

メディアニュース

2011年9月の記事一覧

鹿児島大学の面高俊宏特任教授と入来VERA分団(鹿児島県)が、10回に亘って、小中学生向けの特別理科教室を実施することが、9月9日(金)の『南日本新聞』で紹介されました。

 

くわしくはこちらをご覧ください。

 

(掲載期間を終了し、記事内容が閲覧できない場合もあります。その場合、記事タイトルを検索サイトなどで探されることをお勧めいたします。)

8月21日(日)に鹿児島で行われた、「日本水ロケットコンテスト2011 九州ブロック大会」で、おおいた分団の「おおいたチーム」が総合優勝したことが、9月5日(月)付の『大分合同新聞』で紹介されました。

 

くわしくはこちらをご覧ください。

 

(掲載期間を終了し、記事内容が閲覧できない場合もあります。その場合、記事タイトルを検索サイトなどで探されることをお勧めいたします。)

香川県善通寺市中村町の筆岡小学校でのNAOKO☆アサガオ第二世代開花のニュースが、9月3日(土)付の『四国新聞』紹介されました。

筆岡小学校のNAOKO☆アサガオの種は、香川小惑星分団が栽培し、寄贈したものです。

くわしくはこちらをご覧ください。

(掲載期間を終了し、記事内容が閲覧できない場合もあります。その場合、記事タイトルを検索サイトなどで探されることをお勧めいたします。)

8月28日(日)、香川県高松市で行われたNAOKO☆アサガオ第二世代育成報告会のようすが、8月29日(月)付の『朝日新聞』で紹介されました。

 

これらのアサガオの種は、山﨑副団長とともに宇宙を旅し、帰還した4粒を、香川小惑星分団の団員たちが育て、県内の希望者に配付したものです。

 

くわしくはこちらをご覧ください。

 

(掲載期間を終了し、記事内容が閲覧できない場合もあります。その場合、記事タイトルを検索サイトなどで探されることをお勧めいたします。)