トップページ > YAC通信 > メディアニュース > 2009年1月の記事一覧

YAC通信

メディアニュース

2009年1月の記事一覧

YAC副本部長でもあり、子ども・宇宙・未来の会(KU-MA)会長でもある的川泰宣氏が、NHK視点・論点に出演します。今回のテーマは「宇宙の学校」です。

日時:平成21年1月20日(火)22:50-23:00
放送:NHK教育テレビ

(再放送)
日時:平成21年1月21日(水)4:20-4:30
放送:NHK総合テレビ

平成20年6月、国際宇宙ステーション・日本実験棟「きぼう」船内実験室を搭載したスペースシャトル「ディスカバリー号」によって宇宙飛行された星出彰彦宇宙飛行士の応援歌『ロボットアームで抱きしめて』が、日本テレビ系・音楽番組『誰も知らない泣ける歌』で紹介されます。

この曲の作詞・作曲したのは星出宇宙飛行士の高校時代の同級生の梅村太郎さんと塙裕介さん。宇宙飛行士を目指すきっかけになったアニメ「銀河鉄道999」の作者、我が理事長・本部長の松本零士も作詞に協力しました。

松本零士理事長・本部長のコメントなども紹介される予定です。お時間ある方は、ぜひ、ご覧ください。

★放送日時:平成21年1月20日(火)21:30-22:24
★放送局:日本テレビ系(一部の地域では放送されていない場合もあります。)
★番組サイト:http://www.ntv.co.jp/nakeuta/

また、この『ロボットアームで抱きしめて』が携帯サイトからダウンロードできるようになりました。未来の宇宙飛行士を目指す人たちの為に役立つようにと、作詞・作曲された塙裕介様、梅村太郎様、ビクター・ミュージックパブリッシング株式会社様のご好意により、当財団に収益の一部をご寄付いただけることになりました。

平成21年1月18日付中国新聞に、来るH-IIAロケット15号機「1日宇宙記者」に臨む、呉やまと分団団員・亀﨑理生さんが紹介されました。

※詳しい記事内容はこちらをごらんください。(掲載期間を終了し、記事内容が閲覧できない場合もあります。その場合、記事タイトルを検索サイトなどで探されることをお勧めいたします。)

 

鹿児島県・種子島宇宙センターからH-IIAロケットで打ち上げられる(1/21打ち上げ予定)香川大の人工衛星「KUKAI」について、香川小惑星分団が勉強した様子が紹介されました。

※詳しい記事内容はこちらをごらんください。(掲載期間を終了し、記事内容が閲覧できない場合もあります。その場合、記事タイトルを検索サイトなどで探されることをお勧めいたします。)

平成21年1月10日に、大分工業高等専門学校にて、おおいた分団とともに実施したテレビ会議システム(米国テキサス州・ヒューストンと接続)を活用した山崎直子宇宙飛行士との交流活動が地元メディアを中心に紹介されました。

※詳しい記事内容は下記をご覧ください。(掲載期間を終了し、記事内容が閲覧できない場合もあります。その場合、記事タイトルを検索サイトなどで探されることをお勧めいたします。)

山崎直子宇宙飛行士と画面通じ交流【大分合同新聞(1/10付)】

宇宙飛行士・山崎さんと交流、大分の小中高校生【読売新聞(1/10付)】

宇宙飛行士と交流 テレビ会議システムで小中学生ら 山崎さんを"質問攻め" 大分市【西日本新聞(1/13付)】

宇宙飛行士と交流イベント【大分放送(1/10放送)】

宇宙飛行士とテレビで会話【テレビ大分(1/10放送)】

平成21年1月9日付大分合同新聞に、おおいた分団の活動について、12月例会活動・地球と宇宙を結ぶ輸送装置「宇宙エレベーター」などについて紹介されました。

※詳しい記事内容はこちらをごらんください。(掲載期間を終了し、記事内容が閲覧できない場合もあります。その場合、記事タイトルを検索サイトなどで探されることをお勧めいたします。)