トップページ > YAC通信 > YACからのお知らせ > [団長・副団長]の記事一覧

YAC通信

YACからのお知らせ

[団長・副団長]の記事一覧


気象衛星「ひまわり8号」打上げ見学!
 YAC宇宙ホンモノ体験!
気象衛星「ひまわり」・なんでも・調査隊!
 第2弾
~気象衛星「ひまわり8号」のひみつを探る!~
活動報告

 公益財団法人日本宇宙少年団では、10月7日に打ちあがった「ひまわり8号」のことや、気象のことについて学ぶ活動を三菱電機と協力して実施しているよ。その名も『気象衛星「ひまわり」・なんでも・調査隊!』8月には『気象衛星「ひまわり」・なんでも・調査隊!」の第一弾として、天気予報についてのお話や、「ひまわり」の気象観測データを利用する気象庁のお仕事について、パワーアップした「ひまわり8号」の観測機能などについて学んだんだ。 
 (第一弾の様子はこちら 気象衛星「ひまわり」・なんでも・調査隊!第1弾報告書.pdf )

 そして、「ひまわり8号」の打ち上げの日には、第二弾として「ひまわり記者」3名をYAC団員から任命し、「ひまわり8号」を搭載したH-ⅡAロケットの打ち上げの様子や種子島の様子、種子島の人々を取材したよ。
 今回の「ひまわり記者」は9月に募集され、応募時に書いた意気込みから選ばれた河添優摩団員(児島分団所属)、西島百合子団員(すばる分団(静岡県)所属)、鈴木梨々花団員(横浜分団所属)の3名だ。

 3名が作った記事を紹介するよ。
河添優摩団員(5年生)の記事  Himawari_Kawazoe.pdf
西島百合子団員(5年生)の記事 Himawari_Nishijima.pdf
鈴木梨々花団員(5年生)の記事 Himawari_Suzuki.pdf

発射D.JPG発射前C.JPGDSCN1586.JPGDSCN1584.JPGDSCN1604.JPGDSCN1602.JPG


---------------------------------------------------------------------------------------------
                                               活動は終了しました
気象衛星「ひまわり8号」打上げ見学!
 YAC宇宙ホンモノ体験!
気象衛星「ひまわり」・なんでも・調査隊!
 第2弾
~気象衛星「ひまわり8号」のひみつを探る!~
「ひまわり記者」募集! (10/6-7 1泊2日)



 公益財団法人日本宇宙少年団(YAC)は、平成26年10月6日(月)~7日(火)、鹿児島県、種子島で気象衛星「ひまわり8号」の打上げをレポートする「ひまわり記者」を募集します。

 2014年10月7日(火)14時16分~18時16分(日本標準時)に打ち上げが予定されているH-IIAロケット25号機の打ち上げと、 静止気象衛星「ひまわり8号」について現地で取材しよう!

himawariyacs.jpg

ご注意:本打上げ見学ツアーは、ロケットの打ち上げをお約束するものではございません。

    様々な条件により、打ち上げが中止・延期になる場合がございます。

    万が一打上げが延期になりましても日程は変更しませんのでご了承の上、お申込み下さい。


 ★"★" YAC宇宙ホンモノ体験「ひまわり記者」詳細 ★"★" 


主催:公益財団法人日本宇宙少年団


共催:三菱電機株式会社



日程:平成26年10月6日(月)~7日(火)1泊2日


場所:6日(鹿児島泊)、7日(種子島・長谷公園で打上げ見学)


対象:小学5年生~中学3年生 男女


人数:3名

   ※応募者多数の場合は、選考となります。

   ※選考の場合、応募時の「いきごみ」の内容を重視します。

   ※ご参加にあたり、今回の打上げが平日のため、保護者や在籍する学校と

    よくご相談の上、ご応募ください。


参加費:ご自宅から集合、解散場所までの交通費は個人負担をお願いします。

    10/6宿泊費、移動交通費(トッピー、バス)、食事、教材費、

    保険の費用はYACが負担します。


集合場所:鹿児島空港もしくは宿泊ホテル直接

     ※YAC引率者は18:00羽田空港発(ソラシドエア)

             ⇒19:45鹿児島空港着 を予定。


宿泊:アーバンポートホテル鹿児島 http://u-hotel.co.jp/


日程:

★10/6(月)1日目

    鹿児島空港集合(20:00)

     アーバンポートホテル鹿児島(泊)


★10/7(火)2日目

    高速船トッピー 7:30鹿児島港発⇒9:05西之表港着、島内見学、昼食

     ↓

    観光協会バス 12:45西之表港ターミナル発⇒13:25長谷公園着

     ↓

    打上げ見学

     ↓

    観光協会バス 14:40長谷公園発⇒15:50西之表港ターミナル着

     ↓

    高速船トッピー16:45西之表港発⇒18:20鹿児島港着(解散)

     ↓

    ※飛行機利用の場合は鹿児島空港へ

    ※引率スタッフは(ソラシドエア)

     20:35鹿児島空港発⇒22:15羽田空港着 を予定


締切:平成26年9月15日(月)

   参加可否のお知らせは翌日16日(火)にお申込みのメールアドレスへ

   ご連絡いたします。


申込みはこちら⇒お申し込みは〆切らせていただきました。

        たくさんのお申し込みありがとうございました。

 

【入力項目】※全て必須

・氏名※ 

・氏名フリガナ※

・性別※   

・生年月日※ (例:●年●月●日)

・学年※

・郵便番号※

・住所※

・電話番号※

・メールアドレス※(ケータイ可)

・団員番号(YAC団員の方) ・分団名(YAC分団所属の方)

・集合場所※(鹿児島空港・ホテル)

・解散場所※(鹿児島埠頭高速船乗り場・鹿児島空港)

    

【個人情報の取り扱いについて】

本応募フォームにてご記入いただきました個人情報はYAC宇宙ホンモノ体験「ひまわり記者」事務局である(公財)日本宇宙少年団で管理し、本事業の運営にのみ利用し、法令で定める場合を除きご本人の承諾なしには使用しません。本事業の記録写真や感想・アンケート結果などは、当財団が実施する宇宙ホンモノ体験活動を紹介する用途でウェブページや新聞等に掲載する場合があります。



お問い合わせ:

公益財団法人日本宇宙少年団

気象衛星「ひまわり」なんでも調査隊 係

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21

      ちよだプラットフォームスクウェア1008

(月~金 10:00~17:00)

電話/FAX:03-5259-8280

山崎直子副団長(提供:JAXA)YAC副団長の山崎直子宇宙飛行士が、2010年(平成22年)2月11日以降に打ち上げ予定のスペースシャトル・「アトランティス」号に搭乗することが決定しました。日本人飛行士としては7人目、女性日本人宇宙飛行士としては2人目であり、日本で初めて「ママさん飛行士」が宇宙に向かうことになります。 ※JAXAプレスリリースはこちら

山崎副団長・宇宙飛行士は、幼稚園の頃から小学校の初めごろまで育った札幌・真駒内で生活していた頃、松本零士YAC理事長・本部長著「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」などに親しみ、宇宙への想いがつのったとのことで、YACとしても、今回の決定を心待ちにしておりました。この決定を受け、全国の団員、指導員のみなさまからも祝福のメッセージもいただいています。まとまり次第、JAXA、そして山崎副団長・宇宙飛行士に、しっかりとお届けしたいと思います。
佐野分団・ハローヒューストン.jpg
山崎副団長・宇宙飛行士は、今月8日、神奈川県横浜市でのYAC団員・指導員との交流機会のほか、テレビ会議システムを活用した交流イベント「ハローヒューストン」でも、「佐野分団・館林分団」(平成20年3月・栃木県佐野市で開催)、「東京地区分団」(平成20年5月・東京都千代田区で開催)、さらに、「種子島スペースキャンプ2008」(平成20年8月・鹿児島県種子島で開催)と、訓練にお忙しい中、米国・ヒューストンより出演いただき、YAC団員の質問ひとつひとつに丁寧に応えてくださいました。

これから、さまざまな訓練などお忙しい日々が続くかと思いますが、山崎副団長・宇宙飛行士の宇宙でのご活躍を心よりお祈りしております。帰還後は、素敵な笑顔とともに、たくさんのお話を聞かせてください。YAC4000人の団員・指導員も、山崎副団長・宇宙飛行士のミッションの成功を心よりお祈りしております。

YAC本部としても、今回の決定を受け、「宇宙ホンモノ体験活動」の一環として、山崎副団長・宇宙飛行士を応援し、共にできる宇宙教育実践活動も前向きに検討していきたいと思います。

最後となりましたが、あらためて、搭乗決定、おめでとうございました!! これからもYAC一同、応援しています!!がんばってください!!

日本人宇宙飛行士の搭乗計画(提供:JAXA).jpg