トップページ > YAC通信 > YACからのお知らせ > 2017年6月の記事一覧

YAC通信

YACからのお知らせ

2017年6月の記事一覧

公益財団法人日本宇宙少年団は、気象庁、気象ビジネス推進コンソーシアム、地球ウォッチャーズ-気象友の会-が主催するシンポジウム『気象衛星ひまわり~宇宙からの最先端データが切り拓く未来~』
を後援しています。

 どなたでも参加可能です。(事前申込制・先着順・参加費無料)
内容は一般向けとなるので、中学生以上の団員の方にお勧めいたします。

お申込み先、お問い合わせ先など詳しくは、気象庁のホームページをご確認ください。


案内リーフレットはこちらです。



(以下、気象庁ホームページより抜粋)


概要

静止気象衛星ひまわりの初号機が打ち上げられてから40年。この節目の年を記念して、シンポジウム『気象衛星ひまわり~宇宙からの最先端データが切り拓く未来~』を平成29年7月22日(土)に開催します。
 講演では、40年間にわたるひまわりの歴史について振り返ります。ミニプレゼン&パネルディスカッションでは、様々な分野における新世代の静止気象衛星ひまわり8号・9号の利活用の現状と可能性についてパネリストから紹介いただき、ひまわりが切り拓く未来に思いを馳せます。


開催概要
(1)日時:平成29年7月22日(土) 13時30分~16時00分(開場13時00分)
(2)場所:一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)
(3)定員:450名(事前申込制・先着順・参加費無料)
(4)主催:
  気象庁、気象ビジネス推進コンソーシアム、地球ウォッチャーズ-気象友の会-
(5)後援(予定):
  内閣府宇宙開発戦略推進事務局、文部科学省、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、気象業務支援センター、気象振興協議会、日本宇宙少年団、経団連宇宙開発利用推進委員会、日本航空宇宙工業会、三菱重工業株式会社、三菱電機株式会社、気象衛星ひまわり運用事業株式会社
(6)内容(予定・敬称略):
○ 基調講演「気象衛星ひまわりと共に」
  堀川 康 (元JAXA理事、元国連宇宙空間平和利用委員会(COPUOS)議長)
○ 講演「宇宙から地球を見つめて40年~静止気象衛星「ひまわり」~」
  宮本 仁美 (気象庁観測部気象衛星課長)
○ ミニプレゼン&パネルディスカッション「新世代の静止気象衛星の利活用」
 パネリスト:
  井田 寛子 (気象予報士、 TBS「あさチャン!」気象情報担当)
  可知 美佐子 (JAXA 地球観測研究センター 研究領域主幹)
  郷原 健 (損害保険ジャパン日本興亜株式会社 企業商品業務部 課長代理)
  佐々木 華織 (農研機構 農業環境変動研究センター 主任研究員)
  堀川 康 (元JAXA理事、元国連宇宙空間平和利用委員会(COPUOS)議長)
  三好 建正 (理化学研究所 計算科学研究機構 データ同化研究チームリーダー)
  宮本 仁美 (気象庁観測部気象衛星課長)
 司会・コーディネーター: 
  鈴江 奈々 (日本テレビアナウンサー)

毎日小学生新聞で毎週木曜日(一部地域では金曜日)に連載中の「銀河教室」の夏休み特別授業を、8月21日~23日に開催します。

━━━ 概 要 ━━━━━━━━━━━━━━
銀河教室 in つくば
旅行日程:2017年8月21日(月)〜8月23日(水) 2泊3日
募集人数:先着8名(YAC団員および一般の、小学4年生〜中学3年生のお子様)
     ※全体では40名の旅行です。YACホームページ上では8名を募集します。
集合解散:(集合)羽田空港 / 東京駅新丸ビル前 (解散)羽田空港 / 東京駅新丸ビル前 / TXつくば駅
旅行代金:48,000円
     ※集合場所までの交通費等は、各自でのご負担をお願いします。


募集内容の詳細は、パンフレットをご確認ください。
銀河教室 in つくば 募集チラシ



目次