トップページ > YAC通信 > YACからのお知らせ > 2015年1月の記事一覧

YAC通信

YACからのお知らせ

2015年1月の記事一覧

タイトル
日本宇宙少年団2015年1月定例会
1.「ヨットカーを走らせよう」(幼稚園年長~小学校2年生)
2.「ウィンド・パワー~風力発電と技術者の仕事」(小学校3年生以上)

目的
1. 理科で習う授業や身の回りの現象がどのような技術や製品に活用されているかを身近な材料による実験を通じて学び、ものづくりの楽しさや科学への興味を喚起する。
2. 実際の製品に使われている技術について学ぶと共に、技術者の仕事に興味・関心を持つ。

時期
平成27年1月11日(日)10:00-12:00

場所
日本アイ・ビー・エム株式会社 本社

参加人数
・団員: 38名
・体験入団者: 1名
・指導員: 7名
・保護者・その他: 34名

主催
日本宇宙少年団 未来MM分団


実施概要

1. 「ヨットカーを走らせよう」(幼稚園年長~小学校2年生)
ヨットが進む仕組みについて工作・実験をしながら学びました。ヨットは風の力だけでどのように進む方向をコントロールしているのでしょうか。沖に出たヨットはどうやって港に戻ってくるのでしょう。その謎を解くために、まず発泡スチロールの胴体にタイヤを付け、その上に帆に見立てた色画用紙を竹串で刺して、「ヨットカー」を作りました。扇風機で風を送り、風の向きを変えてもヨットがコースを真っ直ぐ進めるかどうかを試しました。団員は、帆の向きを調節することで、横からや斜めからの風でもヨットは前に進めることを理解ました。基本コースをクリアした後は、それぞれ好きな形・大きさの帆を作り、速さを競ったりして遊び、慣れてきた人は、斜め前から風が吹いている難関コースに挑戦しました。難しいコースもみんな試行錯誤しながら上手に走らせることができました。


info_img_151021_ibm_01.jpg


2. 「ウィンド・パワー~風力発電と技術者の仕事」(小学校3年生以上)
まず、会場となったIBMの技術と宇宙開発の関係について簡単な紹介がありました。
その後実際のプログラムを実施し、現在の日本の発電方法と環境に与える影響ついて学びました。日本発電は、震災以前は原子力も多く使われており、現在は火力発電に頼っている、新エネルギーは注目されているものの現在はまだ非常に利用割合は低いことを学びました。次に、風力発電のしくみと意義と課題について、風力発電の製作を通して考える実験を行いました。「エンジニアになってみよう」ということで、作った羽に風を当て、発電機を回して電圧を図り、羽の形や大きさ・枚数や傾きで発電機の性能が変わることを体感しました。その後、電圧が最高値だった班の代表が自動車レースを行いました。自分の羽を使い、発電機で3分間自動車に充電して、誰が一番速くゴールするか競いました。
最後に、分団の谷リーダーから、エンジニアの仕事について話を聞きました。時には大自然の中で雨にぬれたり、泥まみれになったりすることもありますが、自分のアイデアや工夫でいろいろなものを作ることができる、あらゆる分野で必要とされている職業です。この実験を通じて団員たちはエンジニアになって、風車の設計・改善を繰り返し、自分なりに工夫して、どうしたら効率よく発電できるかを考えました。 モノづくりの達成感を味わってもらえたと思います。

info_img_151021_ibm_02.jpg

info_img_151021_ibm_03.jpg


宇宙ホンモノ体験 
YAC宇宙レポートin種子島(11/29-30)
活動報告 

公益財団法人日本宇宙少年団(YAC)は、平成26年11月29日(土)~30日(日)、 

鹿児島県、種子島で「 YAC宇宙レポートin種子島」を開催しました。
小惑星探査機「はやぶさ2」が搭載されるH-IIAロケット26号機の打ち上げについて 

YAC宇宙レポーターが、現地種子島で取材しました。 

写真と宇宙新聞を紹介するよ。

hayabusa1.jpghayabusa2.jpghayabusa3.jpghayabusa5.jpghayabusa6s.jpg

YAC宇宙レポーターの記事を紹介するよ。

小学4年生

小学5年生

中学1年生

中学2年生

日立シビックセンター分団 桐生裕子さんからの報告

 南種子町役場の、「本物。フェアリングプレゼント」企画に応募し、抽選の結果、当選!
種子島宇宙センターより打ち上げられた「はやぶさ2」搭載、
H-ⅡAロケット26号機の宇宙空間を飛行した後、
回収されたフェアリングの一部が、証明書と一緒に届いたよ。
はやぶさ2フェアリング当選.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
活動は終了しました

宇宙ホンモノ体験
YAC宇宙レポートin種子島(11/29-30 1泊2日)


公益財団法人日本宇宙少年団(YAC)は、平成26年11月29日(土)~30日(日)、

鹿児島県、種子島で「 YAC宇宙レポートin種子島」を開催いたします。
小惑星探査機「はやぶさ2」が搭載されるH-IIAロケット26号機の打ち上げが
2014年11月30日(日)13時24分48秒(日本標準時)(予定)に決定しました。

YAC宇宙レポーターになって、打ち上げを現地で取材しよう! 
取材した内容を、YACのウェブページで全国のみんなに紹介しよう!

小惑星探査機「はやぶさ2」(Hayabusa2)については、
JAXAのファン!ファン!JAXA!「小惑星探査機はやぶさ2 特設サイト」を

( 本打上げ見学ツアーは、ロケットの打ち上げをお約束するものではございま せん。
様々な条件により、打ち上げが中止・延期になる場合がございます。
打上げが延期になった場合もキャンセル料はかかりますのでご了承の上、お申込 み下さい。 )


主催:公益財団法人日本宇宙少年団
旅行手配:株式会社アンファンス



★ YAC宇宙レポートin種子島★

・活動期間:平成26年11月29日(土)~11月30日(日) 1泊2日
・場所:鹿児島県種子島
・対象:小人 小学4年生〜中学生(YAC団員および一般)
    大人 YAC指導者
・募集人数:30 名(小人20名、YAC指導者10名) 
   ※応募者多数の場合は、選考となります。
   ※選考の場合、応募時の「いきごみ」の内容を重視します。

・参加費:1)羽田空港発着 95,000円(YAC団員・指導者)/ 102,000円(一般)
     2)鹿児島空港発着 61,000円(YAC団員・指導者)/ 61,000円(一般)
     3)鹿児島港発着  61,000円(YAC団員・指導者)/ 61,000円(一般) 

      ★YAC団員申し込みをご検討の方はこちら 
      公益財団法人日本宇宙少年団のウェブページはこちら


・締切:平成26年10月29日(水)
   参加可否のお知らせはメールアドレスへご連絡いたします。

・旅行行程:
★11月29日(土)【1日目】
羽田空港集合  7:30・・・・・・・・・・・・・・集合①
羽田発    8:15(6J71)ソラシドエア
鹿児島着 10:15・・・・・・・・・・・・・・集合②
専用バス   鹿児島港高速船ターミナルへ
鹿児島港着  11:30・・・・・・・・・・・・・・集合③
       昼食(弁当)
鹿児島港発  13:00 トッピーで種子島へ
西之表港着  14:35 
専用バス   種子島宇宙センター科学技術館へ
       技術館見学、お土産購入
科学技術館発 17:00
大和温泉ホテル着 夕食
「はやぶさ2」勉強会
       入浴、身支度
就寝     22:00
---------------------------------
★11月30日(日)【2日目】
起床      6:30
朝食      7:00
部屋の片づけ、荷物のまとめ
ホテル出発  10:00
       昼食(弁当)
専用バス   12:30 ロケット打上げ見学場所(調整中)へ移動
       13:24 「はやぶさ2」ロケット打上げ見学
専用バス   西之表港へ向けて出発
鉄砲館    15:00
西之表港発  16:45
鹿児島港着  18:20・・・・・・・・・・・・・解散①
専用バス   鹿児島空港へ
鹿児島空港着 19:30・・・・・・・・・・・・・解散②
鹿児島空港発 20:40(6J82)ソラシドエア ※羽田行きは弁当あり
羽田空港着  22:15・・・・・・・・・・・・・解散③
----------------------------------------------


お問い合わせ:
公益財団法人日本宇宙少年団
宇宙レポートin種子島 はやぶさ2 係
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
      ちよだプラットフォームスクウェア1008
(月~金 10:00~17:00)
電話/FAX:03-5259-8280