トップページ > YAC通信 > YACからのお知らせ > 2012年6月の記事一覧

YAC通信

YACからのお知らせ

2012年6月の記事一覧

YACが企画協力した、宇宙ホンモノ体験プログラム「ケネディ宇宙センター見学とスペースキャンプ体験」(主催:日本通運株式会社様)参加者募集のお知らせです。

 

今年の夏休みは、ケネディ宇宙センターでホンモノ体験しませんか?

 

くわしくはこちらをご覧ください。

以下の日程で、YACウェブサイトのメンテナンスを実施します。

6月25日(月) 9:00~

※ メンテナンス中は、団員・リーダー向けページ全体と、YACウェブサイトの一部のご利用ができなくなります。
※ 25日の夜以降、順次回復予定です。

ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

高校生のみなさん! 大学生のみなさん!
宇宙をテーマにした講演会、ワークショップを開催します。
dojo_520-180.png
−−−東京会場−−−終了
開催日:2012年6月30日(土)
時 間:13時〜15時15分
会 場:東京大学アイソトープ総合センター >>アクセス
東京都文京区弥生2丁目11−16
−−−京都会場−−−
開催日:2012年7月21日(土)
時 間:9時30分〜12時05分(予定)
会 場:京都大学 百周年時計台記念館(国際交流ホール) >>アクセス
京都大学 本部構内(正門すぐ)
−−−大阪会場−−−
開催日:2012年7月21日(土)
時 間:15時00分~17時35分(予定)
     ※開始時間が14時30分から15時00分に変更になりました。
会 場:大阪大学中之島センター >>アクセス
〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53
主 催:財団法人日本宇宙少年団(YAC)
共 催:アメリカ大使館
協 力:独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
■応募方法:ウェブから応募できます。応募フォームはこちら
くわしくは、財団法人日本宇宙少年団SKiPのウェブページをごらんください。

朝顔の種子「NAOKO☆アサガオ」~種子の配布について~

naokoasagaof.JPGNAOKO☆アサガオの
種子・希望分団等募集!

「やさしさ」「おもいやり」
そして『きぼう』を育てよう!

 このアサガオの種は、日比野克彦氏「明後日朝顔プロジェクト」によりJAXA種子島宇宙センターで栽培、平成21年9月にYAC南種子町宇宙科学分団の団員らで収穫され、平成22年4月にYAC副団長を務める山崎直子宇宙飛行士の公式記念品(OFK)として宇宙を旅しました。そして同年5月24日に、山崎宇宙飛行士からYAC本部長松本零士氏に返還されました。その後、YACの分団で栽培され、採取された趣旨は、被災地などにも配布されました。


これからもNAOKO☆アサガオのを育成を通して、
「やさしさ」「おもいやり」そして「きぼう」を育てていきましょう!

 「NAOKO☆アサガオ」についての詳しい紹介はこちら↓

                 NAOKO☆アサガオについて.pdf 

 

「NAOKO☆アサガオ」について、メディアからの取材を受ける際の注意
「NAOKO☆アサガオ」は突然変異が起きるのか?
 植物の種子は他の生物種と比較して、放射線を含む色々な環境ストレスに、大変に高い耐性を持っています。宇宙放射線生物学の専門家によれば、宇宙機に15日間位の滞在では、種子試料における突然変異の出現は自然突然変異(自然 界にある放射線 などの自然の要因が原因で生じる突然変異)レベルと同等な位、極めて低く、実際望めないと算定されるとのことです。
 また、「NAOKO☆アサガオ」の元となった種は、アーティストの日比野克彦さんが主催している、『明後日朝顔プロジェクト』という、各地で収穫した種を別の地で育て、収穫し、また別の地で育てるということを繰り返しているため、かなりの交雑が進んでいることが考えられます。そのため、アサガオの姿や、色などから、突然変異の可能性を識別することができません。今回の「NAOKO☆アサガオ」の目的は、山崎宇宙飛行士と共に宇宙を旅したアサガオの種子を地域のみなさんの手で育ててもらうことで、子どもたちが宇宙のホンモノに触れるとともに、YAC分団を中心とした、全国の各地域で宇宙教育が広がることを期待するものです。今回の「NAOKO☆アサガオ」栽培をきっかけに、いのちを育てることの大切さを学んでもらいたいと思い ます。

                                              JAXA宇宙教育センターの見解.pdf

【NAOKO☆アサガオに関するお問い合わせ】
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクウェア1008
公益財団法人日本宇宙少年団  
yacj@yac-j.or.jp
電話/FAX:03-5259-8280

JAXA筑波宇宙センターで、きみも「宇宙兄弟」を目指そう

 「宇宙博士」の的川泰宣先生が、毎日小学生新聞で連載中の「銀河教室」には、毎回興味深い宇宙の話が掲載されていますが、今回は、その体験版ともいうべき活動を実施します。
 
筑波宇宙センターでは、実際の宇宙飛行士の訓練に使われる施設を使って宇宙飛行士の訓練を体験!的川先生の講義や新日本製鐵の研究者の方の講義など、宇宙や宇宙飛行士についてのプログラムが盛りだくさんの2泊3日です。新日鉄~1.JPGbanner_mainichi-thumb-120x60.jpg

主催:毎日新聞、YAC(日本宇宙少年団)
共催:新日本製鐵
協力:JAXA(宇宙航空研究開発機構)
 

  つくばスペースキャンプ2009春・集合写真 船外活動模擬訓練 船外活動模擬訓練

★目指せ!宇宙兄弟 銀河教室inつくば★

日時:平成24年8月22日(水)13時 JAXA筑波宇宙センター 総合案内所 集合
      ~8月24日(金)15時ごろ JAXA筑波宇宙センター 総合案内所 解散(2泊3日)
場所:JAXA筑波宇宙センターほか
   〒305-8505茨城県つくば市千現2-1-1
内容:的川泰宣先生のお話、宇宙飛行士訓練体験、星空観察など予定
人数:15名(応募多数の場合は抽選の上、選考となります。)
   ※新日鉄と毎日新聞社参加決定者の方を合わせ、計40名で実施します。
対象:小学4年生~中学3年生
費用:32,000円     
  
(集合解散場所〜ご自宅までの往復交通費は参加者のご負担。
   費用には、宿泊費、食費、活動材料費、保険料、消費税を含む。)

応募:下記2つよりお選びください。

  (1)YACウェブより応募する!! ※募集は6/20でしめきらせていただきました。

  (2)郵便で応募する!!

    下記事項をご記入のうえ、下記の申込先までお送りください。
   【記載事項】 ※印は必須
   ・氏名※
   ・氏名フリガナ※
   ・性別※
   ・生年月日※ (例:平成●年●月●日)
   ・学年※
   ・郵便番号※
   ・住所※
   ・電話番号(日中連絡可能な番号)※
   ・上記以外の電話番号
   ・FAX番号
   ・メールアドレス※ (ケータイ可)
   ・団員番号(YAC団員の方)
   ・分団名(YAC分団所属の方)
   ・キャンプ参加への意気込み(50文字程度)※ 
    (応募多数の場合は、参加への意気込みも含め、
    総合的に判断し、選考いたします。)
   ・以前参加したJAXAやYACのキャンプ名。
   (例:・種子島スペースキャンプ2011(2011 7/25-29)
      ・銀河教室inつくば(2011 8/1-2)
      ・コズミックカレッジアドバンストコース
       (相模原スペースキャンプ2012)  (2011 12/25-27)
      ・1日宇宙記者 内之浦宇宙空間観測所見学ツアー(2011 12/28-20)
      ・調布エアロスペースキャンプ2012 CASC-2(2012 3/26-27)
      ・1日宇宙記者 「しずく」打ち上げ取材ツアー(2012 5/16-18)
     そのほか)

締切:平成24年6月20日(水)必着
   当選者には、6月末までに参加証をお送りします。

【個人情報の取り扱いについて】
本応募フォームにてご記入いただきました個人情報は、財団法人日本宇宙少年団にて管理し、「銀河教室inつくば」の運営にのみ利用し、法令で定める場合を除き、ご本人の承諾なしに上記目的以外には使用しません。
 「銀河教室inつくば」では、毎日小学生新聞のスタッフが同行し、後日、紙面で特集します。また、当日の記録写真や感想・アンケート結果などは、JAXA YAC が実施する宇宙ホンモノ体験活動を紹介する用途で、ウェブページなどでご紹介する場合があります。

送付先・お問い合わせ先:

   財団法人日本宇宙少年団 銀河教室inつくば係
   〒252-0234
   神奈川県相模原市中央区共和4-22-6-302
   (月~金 9:30~17:00)
   電話:042-705-8072
   FAX:042-704-3477

★宇宙ホンモノ体験 種子島スペースキャンプ2012★

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)、財団法人日本宇宙少年団(YAC)は、日本宇宙少年団鹿児島地方本部と共に、種子島スペースキャンプ支援協議会(鹿児島県、西之表市、中種子町、南種子町で構成)の協力を得て、平成24年8月1日(水)~5日(日)、鹿児島・種子島で「宇宙ホンモノ体験 種子島スペースキャンプ2012」を開催いたします。つきましては、下記の要領にて、全国から広く参加者を募集いたします。
 
 なお、本キャンプは、株式会社南九州ファミリーマートのご協賛もいただき、本キャンプに限定人数を招待するキャンペーンを展開いたします。

 tane2009c.JPG  tane2009d.JPG  tane2009b.JPG
※写真(上)は、過去に開催された種子島スペースキャンプの様子     

・活動期間:平成24年8月1日(水)~5日(日) 4泊5日
・活動場所:種子島全域(南種子町自然の家、種子島宇宙センターほか)
・活動内容:種子島宇宙センター内見学、天体観察、水ロケット作りと打上げ、海水浴など予定
・募集人数:小学4年生~中学3年生 40名 (応募多数の場合は抽選の上、選考となります。)
        ※ファミリーマート参加決定者の方と合わせて、計60名で実施します。
・参加費用:18,800円(YAC団員)/19,800円(一般) ※YAC団員申し込みをご検討の方はこちら      
          ※費用には、島内交通費、宿泊費、食費、活動材料費、保険料、消費税を含みます。
          ※集合・解散場所(種子島)までの交通費は自己負担となります。
・応募方法:平成24年6月5日からこのページにて応募できます。
        (応募者が定員を超えた場合は、キャンプ参加への意気込み、
         学年、男女バランスをふまえて選考いたします。先着順ではありません。)

  下記2つよりお選びください。
   (1)ウェブで応募する!! ※募集は6/18でしめきらせていただきました。

   (2)郵便で応募する!!

    下記事項をご記入のうえ、下記の申込先までお送りください。
   【記載事項】 ※印は必須
   ・氏名※
   ・氏名フリガナ※
   ・性別※
   ・生年月日※ (例:平成●年●月●日)
   ・学年※
   ・郵便番号※
   ・住所※
   ・電話番号(日中連絡可能な番号)※
   ・上記以外の電話番号
   ・FAX番号
   ・メールアドレス※ (ケータイ可)
   ・団員番号(YAC団員の方)
   ・分団名(YAC分団所属の方)
   ・キャンプ参加への意気込み(50文字程度)※ 
    (応募多数の場合は、参加への意気込みも含め、
    総合的に判断し、選考いたします。)
   ・以前参加したJAXAやYACのキャンプ名。
   (例:・種子島スペースキャンプ2011(2011 7/25-29)
      ・銀河教室inつくば(2011 8/1-2)
      ・コズミックカレッジアドバンストコース
       (相模原スペースキャンプ2012)  (2011 12/25-27)
      ・1日宇宙記者 内之浦宇宙空間観測所見学ツアー(2011 12/28-20)
      ・調布エアロスペースキャンプ2012 CASC-2(2012 3/26-27)
      ・1日宇宙記者 「しずく」打ち上げ取材ツアー(2012 5/16-18)
     そのほか)

  【申込先】
    〒252-0234 神奈川県相模原市中央区共和4-22-6 302
          日本宇宙少年団 本部
          種子島スペースキャンプ2012 募集係
・応募締め切り
  平成24年6月18日(月) 必着

 

【個人情報の取り扱いについて】
本応募フォームにてご記入いただきました個人情報は、種子島スペースキャンプ事務局である財団法人日本宇宙少年団と、南日本リビング新聞社内の運営事務局サポートにて管理し、種子島スペースキャンプ2012の運営にのみ利用し、法令で定める場合を除き、ご本人の承諾なしに上記目的以外には使用しません。
 スペースキャンプ当日の記録写真や感想・アンケート結果などは、JAXA YAC が実施する宇宙ホンモノ体験活動を紹介する用途で、ウェブページなどでご紹介する場合があります。

 【お問い合わせ先】
南日本リビング新聞社内  宇宙ホンモノ体験 種子島スペースキャンプ2012運営事務局サポート
電話番号:099222-7290(平日10:0017:00、土日、祝日を除く)
※お問合せの際の通話料金につきましては、お客様のご負担とさせていただきます。ご了承ください。

目次