トップページ > YAC通信 > YACからのお知らせ > 2011年11月の記事一覧

YAC通信

YACからのお知らせ

2011年11月の記事一覧

毛利宇宙飛行士.jpg 12月10日(土)、毛利衛宇宙飛行士との
交信イベントが開催されます!
日本人で初めてスペースシャトルで
宇宙へ行った
日本宇宙少年団の団長でもある
毛利宇宙飛行士と交流できるチャンスです!

札幌と東京の会場があります!
ご家族で、グループで、お友達同士で、分団で、ご参加しませんか!!


 

■日時 2011年12月10日(土)
     受付開始 13:00  開演 13:30 ~ 終了 15:30(予定)
■場所 札幌会場 ガーデンシティ札幌 http://kyosaisalon.net/
            北海道札幌市中央区北4条西1丁目 共済ビル

     東京会場 東京大学弥生講堂 一条ホール
            東京都文京区弥生1-1-1 東京大学弥生キャンパス内

■対象 子どもから大人 各会場50名
 
※特別協賛「大塚製薬オロナミンC」よりお土産があります。
 
■応募締切 2011年12月5日(月) (先着50名さま)
■応募方法 応募締め切りました。
■当選発表 当選は招待状の発送をもってかえさせていただきます。
      ※招待状には、毛利宇宙飛行士への質問カードが同封されます。
       当選された方で、YAC団員の方は、質問のほか、団員番号と分団名もご記入ください。

■お問合せ先
 財団法人日本宇宙少年団
 〒252-0234  神奈川県相模原市中央区共和4-22-6-302
 (月~金 9:30~17:00)
 電話:042-705-8072  FAX:042-704-3477

内之浦宇宙空間観測所見学ツアー 参加者募集のお知らせ

日本宇宙少年団(YAC)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は本年12月、青少年を対象とした合宿型の教育プログラムとし 内之浦宇宙空間観測所で【宇宙ホンモノ体験「一日宇宙記者」プログラム 内之浦宇宙空間観測所見学ツアー】を開催いたします。

今回は、観測ロケット「S-310-40号機」の打ち上げ見学と内之浦宇宙空間観測所の施設見学を行います。
このツアーへの参加者を、全国から広く募集いたします。

uchinoura-02.jpg

☆「一日宇宙記者」内之浦宇宙空間観測所見学ツアー☆彡


主催:宇宙航空研究開発機構(JAXA)、日本宇宙少年団(YAC
日時:平成231218日(日) ~ 20日(火)(2泊3日) 合宿形式
場所:JAXA内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝属郡肝付町) 他
内容:内之浦宇宙空間観測所施設見学、観測ロケット打ち上げ見学など
打ち上げ延期の場合はロケット打ち上げ見学はありません。ご了承下さい。
対象:小学5年生~高校3年生 20名 (最低催行人数5名)
     ※応募多数の場合は、選考となります。
      「キャンプ参加への意気込み」を重視して選考を行います。
参加費:15000
     ※ご自宅集合解散場所(鹿児島中央駅)までの往復の交通費は含まれていません。
        各自でご負担頂きます様、お願いいたします。

     
※集合時間は12/18(日)の午前9時を予定しております。
       遠方からお越しの方は前泊が必要になりますのでご注意下さい。
       (前泊につきましては、各自でご手配頂けます様、お願いいたします)

     ※期間中の宿泊費(2泊分)、食費(18日昼食~20日朝食)は含まれています。
宿泊場所:コスモピア内之浦
応募締切:平成23124日(日)24:00 必着
    (参加可否のご連絡 126日(火)頃)


「内之浦宇宙空間観測所見学ツアー」タイムスケジュール(案)

応募は下記「応募フォーム」からお願いいたします。

応募フォーム

【お問い合わせ先】
コズミックカレッジ運営支援事務局 担当 戸田/渡黒(わたぐろ)
101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-1
新御茶ノ水アーバントリニティビル2
TEL:03-6206-4956(
直通) FAX03-5296-7010(受付:平日9151730)  

Mail: z-cosmic_camp@edu.jaxa.jp

 

JAXA筑波宇宙センターで宇宙ホンモノ体験しよう!

宇宙航空研究開発機構(JAXA)、(財)日本宇宙少年団(YAC)は、
筑波宇宙センターで「宇宙ホンモノ体験 筑波スペースキャンプ2011」を開催いたします。

今回のテーマは、「衛星データを利用した学習プログラム」!

全国から広く参加者を募集いたします。

●分光器を作って光をにじ色に分けよう!
 (色々な「光」を見るとそれぞれの特徴が現れる。衛星もまた
  目的に合わせて光を分けて観測していることを学びます。)

●サーモグラフィーのカメラを通して物体の温度変化を確認しよう!
 (サーモグラフィーと同じく衛星も赤外線で撮った画像から
  地球上の物の状態を観測していることを学びます。)

●衛星データを使った解析体験をしよう!
 (パソコンを使って地球観測データの画像解析実習を行い、
  衛星画像を使うためのソフト操作を学びます。
  そして、日本各地の特色、経年変化、季節変化を比較し、
 「ちがい」の発見からなぜだろう?という多くの不思議を自分達で見つけます。)

●展示館見学

●特別施設見学

 

宇宙ホンモノ体験
★筑波スペースキャンプ2011 ~衛星はみぢかに~ TKSC-5★

日時:平成23年12月25日(日)13:00 ~ 26日(月)15:00(1泊2日)
場所:JAXA筑波宇宙センター(茨城県つくば市)
内容:衛星データを利用した学習プログラム
対象人数:小学4年生~中学生3年生 20名
     ※応募多数の場合は、選考となります。
      「キャンプ参加への意気込み」を重視して選考を行います。

参加費:7,000円 (宿泊費、食費が含まれています。)

応募方法:こちらの応募フォームからお申し込みください。

応募締切:平成23年11月25日(金)13:00 必着
    (参加可否のご連絡 11月30日(水))

★保護者のみなさまへ★
 このキャンプは、事前に実地踏査を行い安全に配慮した計画を立案しています。
 また傷害保険にも加入します。現地では、天候や参加者の体調、疲労等に十分配慮して
運営に当たります。、しかし主意者の責任範囲をこえた病気やケガをすることもあります。
あらかじめご理解ご承知の上、お申し込み下さいますようお願い申し上げます。
※体調が悪い、怪我などの場合は、無理をせず参加をおとりやめ下さい。

お問い合わせ先:
筑波スペースキャンプ2011 運営事務局
電話番号:03-6206-4956   FAX番号:03-5296-7010
メールアドレス:z-cosmic_camp@edu.jaxa.jp

 
関連リンク=
衛星データ利用コンテストに参加しよう!

衛星データを使った体験学習プログラム

コズミックカレッジ・アドバンストコース(相模原スペースキャンプ) の開催および参加者募集のお知らせ

めざせ宇宙科学者!!!

日本宇宙少年団(YAC)と本部宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、
本年12月、青少年を対象とした合宿型の教育プログラムとし
「コズミックカレッジ・アドバンストコース(相模原スペースキャンプ)」を開催いたします。
この開催に伴い下記の通り参加者を募集いたしますので、お知らせいたします。

sagami1.jpg



主   催    宇宙航空研究開発機構(JAXA)
          相模原市 相模原市教育委員会 銀河連邦サガミハラ共和国(予定)
          日本宇宙少年団(YAC)本部
開催日程    平成23年12月25日(日)~12月27日(火) 2泊3日 合宿形式
開催場所    JAXA 相模原キャンパス 、 相模川ビレッジ若あゆ(神奈川県)
対  象     小学校5年生~高校1年生(平成23年12月現在) 30名
参加費      無料 ※ただし、期間中の宿泊(2泊)、食事(朝食×2回、昼食×1回、夕食×2回)、
               移動交通費(合計12,000円:予定)と自宅から集合場所会場までの
               交通費は参加者負担で、現地集合、現地解散となります。
               ※国内旅行保険は主催者が負担します。
宿泊場所    相模原ビレッジ若あゆ ※参加者同士の相部屋となります。

募集の詳細については、こちらをご覧ください。     開催要項・募集要項(相模原SC).pdf

 応募方法   以下の書類に必要事項を記入し、応募書類提出先に郵送またはFAXにてお送りください。
        ※応募書類はコピーして使用しても構いません。なお、応募書類は返却いたしません。
        FAXで送られる方は、送信後、お手数をおかけいたしますが、電話かメールにて送信確認のご連絡をください。

応募用紙(相模原SC).pdf

課題作文用紙(相模原SC).pdf 


申込締切        平成23 年11月30日(水)
参加決定のご連絡   平成23年12月 9日(金)発送  

【お問い合わせ、応募書類提出先】
コズミックカレッジ運営支援事務局 担当 戸田/渡黒(わたぐろ)
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-1
新御茶ノ水アーバントリニティビル2F
TEL:03-6206-4956(直通) FAX03-5296-7010(受付:平日9:15~17:30)  
Mail: z-cosmic_camp@edu.jaxa.jp

毛利宇宙飛行士.jpg

 11月19日(土)、毛利衛宇宙飛行士との
交信イベントが開催されます!
日本人で初めてスペースシャトルで
宇宙へ行った
日本宇宙少年団の団長でもある
毛利宇宙飛行士と交流できるチャンスです!

大阪と福岡の会場があります!
ご家族で、グループで、お友達同士で、分団で、ご参加しませんか!!


 

■日時 2011年11月19日(土)
■場所 大阪会場 大阪科学技術センター http://www.ostec.or.jp/
     福岡会場 スカラエスパシオ http://www.espacio.ne.jp/index.html
 
■対象 子どもから大人 各会場50名
 
■内容
  9:30 受付
 10:00 開会式
 10:15 宇宙検定クイズ
 11:30 毛利宇宙飛行士との交信(参加者と質疑応答の交流)
 12:00 閉会式
 12:05 終了

※特別協賛「大塚製薬オロナミンC」よりお土産があります。
 
■応募締切 2011年11月15日(火)正午 (先着50名さま)
■応募方法 応募は締め切らせていただきました。
■当選発表 当選は招待状の発送をもってかえさせていただきます。
      ※招待状には、毛利宇宙飛行士への質問カードが同封されます。
       当選された方で、YAC団員の方は、質問のほか、団員番号と分団名もご記入ください。

■お問合せ先
 財団法人日本宇宙少年団
 〒252-0234  神奈川県相模原市中央区共和4-22-6-302
 (月~金 9:30~17:00)
 電話:042-705-8072  FAX:042-704-3477

自然の恵み・食フォーラム  〜食でつながる 人・世界・宇宙〜

11月12日(土)、東京大学で開催される体験型プログラムに親子で参加してみませんか?
TBS「教科書の載せたい」でも人気のスポーツドクター、中村格子先生が登場。国際宇宙ステーションで人気の宇宙日本食の試食体験、国際宇宙ステーション滞在中の古川宇宙飛行士との交信映像、JAXAの宇宙食専門家登場など、日本宇宙少年団によるユニーク、盛り沢山な参加型教育プログラムです。

◎宇宙でも人気の高い宇宙日本食を体験。
JAXAが約200万円の費用をかけて、国際宇宙ステーションとおなじ仕様で製作した、乾燥冷凍食品の解凍装置「抽湯機」をつかって、フリーズド・ドライで作られたご飯を試食します。

◎ 古川宇宙飛行士に学ぶ、コーナー
今年8月、国際宇宙宇宙ステーションの古川宇宙飛行士からお聞きした話しに、JAXAから宇宙食開発の専門家を招いて、楽しいお話を聞きます。


■名称:自然の恵み・食フォーラム  〜食でつながる 人・世界・宇宙〜
■主催:財団法人日本宇宙少年団(YAC)、NPO法人からくりロボット
 協力:独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
    国立大学法人東京大学アイソトープ総合センター
    国立大学法人名古屋大学マイクロ・ナノメカトロニクス研究センター
 後援:社団法人日本小児科学会、スペイン国立セルバンテス文化センター東京
    フランス食品振興会
■実施日時:2011年11月12日(土)/16時〜18時(受付開始15時30分)
■募集人数:親子35組70名
■申込方法:住所・電話・氏名(親子とも)・年齢・学年・性別を明記のうえ、
      FAXにてお申し込み下さい。申込FAX:03-5565-4669
■お問い合わせ 03-5565-7279(平日午前10時~17時まで)
■参加費用:無料
■実施会場 東京大学 アイソトープ総合研究所
      (千代田線・根津駅より徒歩5分)
■プログラム
 基調講演「自然の恵み・食 ~世界に誇る日本の食文化~」
      安田 喜憲氏(国際日本文化研究センター教授)
 スペーストーク「宇宙飛行士に学ぶ、健康な身体つくり」
      古川聡宇宙飛行士(映像DVD素材にて登場)
      ※)JAXAの専門家による解説付き
 クロストーク「宇宙飛行士に学ぶ/協調性の大切さ」
      中村格子氏(国立スポーツ科学センター医学博士)
      ジョセップ・バラナオ氏(スペイン料理シェフ)
 ワークショップ:日本食試食
      船橋 豪氏(JAXA有人宇宙技術部宇宙飛行士健康管理グループ)

目次