トップページ > YAC通信 > YACからのお知らせ > 2010年1月の記事一覧

YAC通信

YACからのお知らせ

2010年1月の記事一覧

almatitle2.jpg
 
ALMA望遠鏡の日本が担当するアンテナに名前をつけよう!

 日本宇宙少年団と国立天文台、三菱電機株式会社は、標高5000mのチリ・アタカマ砂漠に建設中の世界最大電波望遠鏡・ALMA望遠鏡のうち日本が担当するアンテナ(16台)の愛称を募集しています。 ※16台を1つのグループとして、愛称を募集します。

almaant.jpg~日本が開発した16台のアンテナ~

 チリのアタカマ、標高約5000mの高地にひろがる砂漠に、日本、北アメリカ、ヨーロッパが協力して建設する66台のアンテナ、それがALMA望遠鏡です。66台のアンテナのうち、日本が担当しているのは、直径12mのもの4台と直径7mのもの12台の合計16台のアンテナです。

 

まずは、

YAC-MAG ホンモノ体験活動レポート
ALMA ACA7mアンテナ 組立現場見学レポートをチェック!
・・・2009年5月17日、松本零士YAC本部長とYAC団員のユースリポーター2名が見学してきました!

国立天文台ALMAホームページをチェックして、ALMA望遠鏡についてもっと知ろう!

 

bnr_alma2009.jpg  応募した人には抽選で素敵な賞品をプレゼント!!

■応募期間:2009年12月8日(火)~2010年 2月14日(日)
■応募資格:18歳以下
■応募方法:DSPACEサイト内応募フォーム
・DSPACEモバイルサイト内応募フォームより
 (郵送での受付は行っておりません)
■主催:国立天文台
■共催:日本宇宙少年団・三菱電機株式会社
■選定委員長:日本宇宙少年団(YAC)本部長 松本零士
■選定委員:
 国立天文台 台長 観山正見
 国立天文台 准教授 奥村幸子
 日本宇宙少年団 副本部長 的川泰宣
 三菱電機株式会社 宣伝部長 鶴見正樹
 朝日新聞 科学ジャーナリスト 高橋真理子

almamatsu.jpgのサムネール画像  


選定委員長
日本宇宙少年団 本部長
松本零士

ALMA望遠鏡で得られた貴重な観測結果を、これからの地球のため宇宙のために、どう活かしていくのか、それを考えるのが次の時代を担う君たちなのです。YACの団員諸君はもちろん、みなさんの応募を待っています。

 

【お問い合せ先】
■アンテナ愛称募集キャンペーン事務局(国立天文台ALMA)へのメールはこちら

■財団法人 日本宇宙少年団(担当:小島/新谷)
 〒229-0033  神奈川県相模原市鹿沼台  1-9-15  プロミティふちのべビル1階  
 TEL:042-705-8072(受付:平日  9:30~17:45)   FAX:042-704-3477

 

参加者募集は締め切らせていただきました。

たくさんのご応募ありがとうございました。 

 

  スペシャルキャンプYACでは、日通旅行様の主催する  「君も未来の宇宙飛行士!!2010年アメリカ東海岸 ケネディ宇宙センター スペシャルキャンプ体験とディズニーワールド オーランド7日間」への企画協力を行いました。

 このスペシャルキャンプは、ケネディ宇宙センターで開催される3日間のインターナショナル・キャンプに参加し、宇宙センターの見学やロケットの製作、チーム対抗の競技を行ったりするものです。

 くわしくはこちらをご覧ください。

 現在、参加者を募集中です。

 今年の春休みは宇宙開発の最先端基地で、宇宙飛行士気分を味わいませんか?

参加者募集は終了いたしました

 

2009年度YACホンモノ体験活動
NASA2大宇宙センターを体験しよう!!

参加者大募集!!

平成22年3月15日(月)~22日(月・祝)

NASA.jpg 日本宇宙少年団(YAC)では、「2009年度YAC宇宙ホンモノ体験活動~NASA2大宇宙センターを体験しよう~」と題して、ジョンソン宇宙センターとケネディ宇宙センターの見学や、地元小学校との交流事業を行います。活動期間中に山崎直子副団長が搭乗するスペースシャトル・ディスカバリー号の打ち上げが予定通り行われる場合は、打ち上げの見学も行います。
 日本人がスペースシャトルで宇宙へ行くのは、今回が最後と言われています。

ぜひ打ち上げも見られるといいですね。 

現在、参加者を募集しています。 

皆様のご応募をお待ちしております。


 

続きを読む

YAC本部職員ほか

A Happy New Year!!

 2009年は、1支部9分団が新たに結成され、全国各地で地域に根ざした独創性豊かな分団活動や宇宙教育活動が実施されました。職員一同、心より感謝申し上げます。

本部におきましても、新たに設置された本部運営委員会のもと、数々の教材・(共通)プログラムの開発、地域間の連携強化など各分団活動への運営支援のほか、JAXA(宇宙航空研究開発機構)、民間企業や自治体等の連携・協力した数々の『宇宙ホンモノ体験活動』の試行、本格的に全国規模で初めて開催した「日本水ロケットコンテスト」なども無事終えることができました。

2010年も、山崎直子YAC副団長の宇宙初飛行、H-IIAロケット打ち上げ(金星探査機・準天頂衛星)、航空100周年事業など、空・宙(そら)を見上げる機会がますます増えます。引き続き、本部では、昨年からスタートした宇宙教育テレビ(インターネット放送(月2回:第2・4木曜放送):http://www.yac-j.or.jp/tv/)での定期的な情報配信や、スペースキャンプなど数々の宇宙ホンモノ体験活動も企画しているところです。

宇宙での定常的な日本人長期滞在も始まった『宇宙時代』がいよいよ幕開けし、これまで以上に、宇宙を通じた青少年教育、そしてYAC活動の意義が改めて高まりつつあることを肌で感じ、本年も職員一丸となって、皆様の活動の一助となるべく努力していて参る所存です。

新しい年を迎え、皆様にとって幸多き年でありますよう、心からお祈り申し上げます。

 

2010年 元旦
YAC本部職員一同


※2009年は、1支部(静岡支部)、9分団(東広島・周南(山口)・秋田・和歌山・川俣(福島)・福島・浜松(静岡)・延岡(宮崎)・松戸(千葉))が新たに結成しました。

yumeprotitle.jpg「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはならない。(松本零士YAC本部長)

2010 年はどんな年にしたいですか?宇宙への夢を抱く皆さんの「2010 年の目標、将来の夢」を、本部が、宇宙に近いロケット打上げ最前線基地・種子島宇宙センターに届けます!

まずは、「種子島行き2010夢シート」&「自分用夢シート」をダウンロード(カラー版)します。
シートをプリントアウトして切り取り、2ページ目の折り方を見ながら折り、ロケット型シートに、「名前」、「2010年あなたの夢・目標」「日付」を書いて本部に送ってください。

yumeprokosa.jpgY A C 本部が責任を持って、J A X A 種子島宇宙センター所長に届け、センター内にある宇宙科学技術館にて1 年間掲示する予定です! ロケット打ち上げの度に、自分の目標や夢を確かめてみてください!

夢シートのダウンロード(2.29MB)
種子島行き2010夢シート.pdf

応募締め切り
2010年2月15日(月)必着

 

※こちらは、「宇宙のとびら」2009年冬号(2009年12月下旬配付)に同封いたしました「一年の計は元旦にあり!2010YAC夢プロジェクト」と同じ内容のものです。

【送付先・お問い合わせ先】
〒229-0033 神奈川県相模原市鹿沼台1-9-15
プロミティふちのべビル1階 2010YAC夢プロジェクト担当(白石・小定)宛
TEL:042-705-8072 FAX:042-704-3477 メールはこちら