トップページ > YAC通信 > YACからのお知らせ > 2008年11月の記事一覧

YAC通信

YACからのお知らせ

2008年11月の記事一覧

   ★若田光一宇宙飛行士(元YAC副団長)打ち上げ、ミッションをみんなで応援しよう!!★

         スペースシャトル打ち上げ   若田光一宇宙飛行士(提供:JAXA)

日本宇宙少年団本部では、JAXAとの連携・協力のもと、「宇宙ホンモノ体験活動」の一環として、日本人宇宙飛行士との交流(テレビ会議交流含む)、観測ロケットS-520型ロケット打ち上げ見学体験活動(平成20年7月・鹿児島内之浦)を実施してきました。

このたび、平成21年2月12日(打上げ目標)に控えた若田光一宇宙飛行士(元YAC副団長)搭乗のスペースシャトル「ディスカバリー号」打ち上げ機会を捉え、JAXAとの連携・協力のもと、打上げ特別見学体験活動を実施いたします。参加人数状況により、参加費が若干変更になる場合もありますが、仮予約も可能ですので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

※今回の飛行では、若田宇宙飛行士は、「きぼう」日本実験棟の組立てや、各ISS構成要素の運用を行います。また、第18次長期滞在クルーのフライトエンジニアとして若田宇宙飛行士がISSに長期滞在します。日本人で長期滞在クルーとしてISSに滞在するのは、若田宇宙飛行士が初めてとなります。

続きを読む

参加申し込みは終了いたしました。多くのご応募ありがとうございました。
今後も、引き続き、「宇宙ホンモノ体験活動」を企画していきたいと考えております。
決まり次第、YACウエブにて発表いたします。ご期待ください。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

★星出宇宙飛行士×松本零士YAC本部長との交流イベント
 ~宇宙・地球のいまを知り、未来の宇宙を創ろう!!~

星出彰彦宇宙飛行士(提供:JAXA)    松本零士YAC本部長

日本宇宙少年団本部は、『宇宙ホンモノ体験活動』の一環として、2008年6月、国際宇宙ステーション(ISS)・日本実験棟「きぼう」船内実験室を搭載したスペースシャトル「ディスカバリー号」によって宇宙飛行し、宇宙から地球のいまを体感された星出彰彦宇宙飛行士、そして、日本のこれからの宇宙開発戦略・計画の検討にも携わる松本零士YAC本部長との交流イベントを下記の日程で開催いたします。

■日時:平成20年11月22日(土)15:00-17:00(予定)
■場所:JAXA東京事務所(東京都千代田区丸の内)
■対象:全国の小中学生・高校生 約30~50名
    ※YAC団員の方を優先参加いたしますので、応募時に必ず団員番号を記載ください。
      ただし、参加応募者多数の場合は、抽選にて決定いたしますので予めご了承ください。
           ⇒新しくYACへの入団をご検討の方はこちら
    ※指導員、保護者の方は、会場後席からの参加となります。予め参加総数を把握したいため、  
     お手数ですが、参加児童・生徒同様に、下記より応募ください。
■募集期間:平成20年11月19日(水)24:00まで
       ※参加いただける方のみ、平成20年11月20日(木)中に、集合時間、ビルへの退出方法  
        も含めご連絡いたします。なお、いただいた個人情報については、本イベント以外の目   
       的には使用いたしません。
■応募方法:
 (1)パソコンにて応募する・・・応募フォームはこちら(外部サイトに移動します)
 (2)携帯電話にて応募する

QRコード(星出&松本交流イベント)  
  (3)FAXにて応募する・・・「氏名」「学年」「メールアドレス」「住所」「電話番号」(以上、必須)、「星 
  出宇宙飛行士への質問事項&これからの宇宙開発についての意見」「YAC所属・団員番号」を
  記載し、042-704-3477までお送りください。

◆問い合わせ先:
日本宇宙少年団教育事業グループ(042-705-8072)

山崎直子副団長(提供:JAXA)YAC副団長の山崎直子宇宙飛行士が、2010年(平成22年)2月11日以降に打ち上げ予定のスペースシャトル・「アトランティス」号に搭乗することが決定しました。日本人飛行士としては7人目、女性日本人宇宙飛行士としては2人目であり、日本で初めて「ママさん飛行士」が宇宙に向かうことになります。 ※JAXAプレスリリースはこちら

山崎副団長・宇宙飛行士は、幼稚園の頃から小学校の初めごろまで育った札幌・真駒内で生活していた頃、松本零士YAC理事長・本部長著「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」などに親しみ、宇宙への想いがつのったとのことで、YACとしても、今回の決定を心待ちにしておりました。この決定を受け、全国の団員、指導員のみなさまからも祝福のメッセージもいただいています。まとまり次第、JAXA、そして山崎副団長・宇宙飛行士に、しっかりとお届けしたいと思います。
佐野分団・ハローヒューストン.jpg
山崎副団長・宇宙飛行士は、今月8日、神奈川県横浜市でのYAC団員・指導員との交流機会のほか、テレビ会議システムを活用した交流イベント「ハローヒューストン」でも、「佐野分団・館林分団」(平成20年3月・栃木県佐野市で開催)、「東京地区分団」(平成20年5月・東京都千代田区で開催)、さらに、「種子島スペースキャンプ2008」(平成20年8月・鹿児島県種子島で開催)と、訓練にお忙しい中、米国・ヒューストンより出演いただき、YAC団員の質問ひとつひとつに丁寧に応えてくださいました。

これから、さまざまな訓練などお忙しい日々が続くかと思いますが、山崎副団長・宇宙飛行士の宇宙でのご活躍を心よりお祈りしております。帰還後は、素敵な笑顔とともに、たくさんのお話を聞かせてください。YAC4000人の団員・指導員も、山崎副団長・宇宙飛行士のミッションの成功を心よりお祈りしております。

YAC本部としても、今回の決定を受け、「宇宙ホンモノ体験活動」の一環として、山崎副団長・宇宙飛行士を応援し、共にできる宇宙教育実践活動も前向きに検討していきたいと思います。

最後となりましたが、あらためて、搭乗決定、おめでとうございました!! これからもYAC一同、応援しています!!がんばってください!!

日本人宇宙飛行士の搭乗計画(提供:JAXA).jpg

目次