トップページ > YAC通信 > YACからのお知らせ

YAC通信

YACからのお知らせ

公益財団法人日本宇宙少年団は、気象庁、気象ビジネス推進コンソーシアム、地球ウォッチャーズ-気象友の会-が主催するシンポジウム『気象衛星ひまわり~宇宙からの最先端データが切り拓く未来~』
を後援しています。

 どなたでも参加可能です。(事前申込制・先着順・参加費無料)
内容は一般向けとなるので、中学生以上の団員の方にお勧めいたします。

お申込み先、お問い合わせ先など詳しくは、気象庁のホームページをご確認ください。


案内リーフレットはこちらです。



(以下、気象庁ホームページより抜粋)


概要

静止気象衛星ひまわりの初号機が打ち上げられてから40年。この節目の年を記念して、シンポジウム『気象衛星ひまわり~宇宙からの最先端データが切り拓く未来~』を平成29年7月22日(土)に開催します。
 講演では、40年間にわたるひまわりの歴史について振り返ります。ミニプレゼン&パネルディスカッションでは、様々な分野における新世代の静止気象衛星ひまわり8号・9号の利活用の現状と可能性についてパネリストから紹介いただき、ひまわりが切り拓く未来に思いを馳せます。


開催概要
(1)日時:平成29年7月22日(土) 13時30分~16時00分(開場13時00分)
(2)場所:一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)
(3)定員:450名(事前申込制・先着順・参加費無料)
(4)主催:
  気象庁、気象ビジネス推進コンソーシアム、地球ウォッチャーズ-気象友の会-
(5)後援(予定):
  内閣府宇宙開発戦略推進事務局、文部科学省、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、気象業務支援センター、気象振興協議会、日本宇宙少年団、経団連宇宙開発利用推進委員会、日本航空宇宙工業会、三菱重工業株式会社、三菱電機株式会社、気象衛星ひまわり運用事業株式会社
(6)内容(予定・敬称略):
○ 基調講演「気象衛星ひまわりと共に」
  堀川 康 (元JAXA理事、元国連宇宙空間平和利用委員会(COPUOS)議長)
○ 講演「宇宙から地球を見つめて40年~静止気象衛星「ひまわり」~」
  宮本 仁美 (気象庁観測部気象衛星課長)
○ ミニプレゼン&パネルディスカッション「新世代の静止気象衛星の利活用」
 パネリスト:
  井田 寛子 (気象予報士、 TBS「あさチャン!」気象情報担当)
  可知 美佐子 (JAXA 地球観測研究センター 研究領域主幹)
  郷原 健 (損害保険ジャパン日本興亜株式会社 企業商品業務部 課長代理)
  佐々木 華織 (農研機構 農業環境変動研究センター 主任研究員)
  堀川 康 (元JAXA理事、元国連宇宙空間平和利用委員会(COPUOS)議長)
  三好 建正 (理化学研究所 計算科学研究機構 データ同化研究チームリーダー)
  宮本 仁美 (気象庁観測部気象衛星課長)
 司会・コーディネーター: 
  鈴江 奈々 (日本テレビアナウンサー)

毎日小学生新聞で毎週木曜日(一部地域では金曜日)に連載中の「銀河教室」の夏休み特別授業を、8月21日~23日に開催します。

━━━ 概 要 ━━━━━━━━━━━━━━
銀河教室 in つくば
旅行日程:2017年8月21日(月)〜8月23日(水) 2泊3日
募集人数:先着8名(YAC団員および一般の、小学4年生〜中学3年生のお子様)
     ※全体では40名の旅行です。YACホームページ上では8名を募集します。
集合解散:(集合)羽田空港 / 東京駅新丸ビル前 (解散)羽田空港 / 東京駅新丸ビル前 / TXつくば駅
旅行代金:48,000円
     ※集合場所までの交通費等は、各自でのご負担をお願いします。


募集内容の詳細は、パンフレットをご確認ください。
銀河教室 in つくば 募集チラシ



YAC種子島スペースキャンプ2017 7月24日(月)~28日(金) 4泊5日

★YAC種子島スペースキャンプ2017★
 公益財団法人日本宇宙少年団(YAC)は、日本宇宙少年団鹿児島地方本部と共に、種子島スペースキャンプ支援協議会(鹿児島県、西之表市、中種子町、南種子町で構成)の協力を得て、平成29年7月24日(月)~28日(金)、鹿児島・種子島で「YAC種子島スペースキャンプ2017」を開催いたします。

種子島スペースキャンプは、1997年に第1回目が実施され、今年で通算21回目を迎えます。
毎年全国各地から参加者が集まり、日本最大のロケット発射場である種子島宇宙センターと豊かな自然を有する種子島で集団生活をおこないます。
夏休みの思い出づくり、全国の仲間づくりに、皆さんのご参加をお待ちしております。

 なお、本キャンプは、株式会社南九州ファミリーマートのご協賛をいただいております。
tane151.jpg



・活動期間:平成29年7月24日(月)~28日(金)4泊5日

・活動場所:種子島全域(南種子町自然の家、種子島宇宙センターほか)

・活動内容:種子島宇宙センター内プログラム、種子島島内プログラム、
      シーカヤック、天体観察、水ロケット作りと打上げ、など予定


・募集人数:小学4年生~中学3年生 40名(全国から30名、種子島島内から10名)
      (応募多数の場合は抽選の上、選考となります。)
      ※ファミリーマート招待参加者の方と合わせて計60名で実施します。

・参加費用:YAC団員 39,000円 、一般 46,000円
      西之表市、中種子町、南種子町で募集する種子島島内参加者 8,000円

      ★YACご入団をご検討の方はこちら

       ※費用には、島内交通費、宿泊費、食費、活動材料費、保険料、
         消費税を含みます。
       ※集合・解散場所(種子島)までの交通費は自己負担となります。


 集合
【航空便】
 鹿児島空港-種子島空港(JAC3769)13:55-14:30
【高速船トッピー】
 鹿児島港-西之表港 13:00-14:35

・解散
【航空便】
 種子島空港-鹿児島空港(JAC3760) 9:50-10:25
【高速船トッピー利用の場合は下記をご利用ください】
 西之表港-鹿児島港 11:05-12:45

・遠方からご参加の方で、飛行機の乗り継ぎが心配な方は、各航空会社の乗り継ぎサポートのご利用をお勧めします。


・応募期間: 5/23(金)~6月12日(月)
 応募者が定員を超えた場合は、キャンプ参加への意気込み、学年、男女バランスをふまえて選考いたします。先着順ではありません。 選考結果を6/14日(水)中にメールにてお知らせいたします。)
   
     
  
  下記2つよりお選びください。 

   (1)ウェブで応募する!!  応募は、こちらから→YAC種子島SC2017応募フォーム
             
   (2)郵便またはFAXで応募する!!

    下記事項をご記入のうえ、下記の申込先までお送りください。

   【記載事項】 ※印は必須

    ・氏名※   ・氏名フリガナ※
    ・性別※   
    ・生年月日※ (例:●年●月●日)・学年※(平成29年6月現在の学年)
    ・郵便番号※ ・住所※
    ・電話番号※(日中連絡可能な番号) ・左記以外の電話番号
    ・FAX番号
    ・メールアドレス※ (ケータイ可)
    ・団員番号(YAC団員の方)  ・分団名(YAC分団所属の方
    ・参加への意気込み(400文字以内)※ 

    (応募多数の場合は、参加への意気込みも含め、総合的に判断し、
     選考いたします。)

締切:YAC団員、一般参加希望者→平成29年6月12日(月)必着
   西之表市、中種子町、南種子町で募集する種子島島内参加希望者
               →平成29年6月26日(月)必着(予定)

    参加の可否は、メールにてご連絡いたします。

tane152.jpg
tane153.jpgtane154.jpgCIMG3591.JPG
CIMG3587.JPG
tane157.jpg



【個人情報の取り扱いについて】
本応募フォームにてご記入いただきました個人情報は、YAC種子島スペースキャンプ事務局である公益財団法人日本宇宙少年団と、運営事務局サポート(南日本リビング新聞社内)にて管理し、YAC種子島スペースキャンプ2017の運営にのみ利用し、法令で定める場合を除き、ご本人の承諾なしに上記目的以外には使用しません。スペースキャンプ当日の記録写真や感想・アンケート結果などは、YAC が実施する宇宙ホンモノ体験活動を紹介する用途で、ウェブページなどでご紹介する場合があります。



送付先・お問い合わせ先:
公益財団法人日本宇宙少年団 種子島スペースキャンプ2017係
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクウェア1008
(月〜金 10:00〜17:00)
電話/FAX:03-5259-8280

種子島にあるYAC南種子町宇宙科学分団主催の、種子島と屋久島でのキャンプのお知らせです。
 2015年に始まった「宇宙のまちキャンプ」。今年も子どもゆめ基金の助成を受けて、3回目となる「宇宙のまちキャンプ2017」の参加者を募集します。
実施要項、日程表及びお問い合わせ先については、下記のウェブサイトをご確認ください。

期間 2017年7月25日(火)15時受付~31日(月)14時解散 7日間
会場 南種子町自然の家、屋久島キャンプ場
内容 農業体験、種子島宇宙センターなど町内視察、シーカヤック、九州最高峰「宮之浦岳登山」、集団生活体験などを予定
募集期間 2017年5月8日(月)~6月25日(日)
参加負担金 1人あたり 15,000円(ただし、会場までの交通費等は各自負担)



※公益財団法人日本宇宙少年団主催の「種子島スペースキャンプ2017」は、7月24日(月)~7月28日(金)に開催予定です。こちらも追ってYACウェブサイトにてご案内します。

西ノ島の活動が活発になっています。
5月9日のランドサット8号の観測データが米地質調査所(USGS)のサイトからダウンロードできるようになっています。
好天で、噴煙も明瞭です。


資料1は、パンシャープン画像を16年11月30日の観測データと比較しました。
確かに、広さが変化しているのが確認できます。

<資料1>
資料1.jpg
         2017年5月9日の西ノ島                            2016年11月30日の西ノ島

資料2は、バンド10の温度データとの比較です。
火口部分は82℃以上あります。南西方向に温度の高いところが続いています。

<資料2>
資料2.jpg
                2017年5月9日の西ノ島                       2017年5月9日の西ノ島(温度データ)

使用したデータ→ C08_L1GT_105041_20170509_20170509_01_RT 

---------------------
宇宙ホンモノ体験「衛星データ」の情報をまとめたページはこちらです。

「大西卓哉宇宙飛行士 ミッション報告会 in 宮城県仙台市」 が開催され、日本宇宙少年団仙台たなばた分団員、かくだ分団員が花束を贈呈しました

2017年4月22日(土)宮城県仙台市にある若林区文化センターにて、東北大学学際科学フロンティア研究所特別企画「大西卓哉宇宙飛行士 ミッション報告会 in 宮城県仙台市 -国際宇宙ステーションから考える地球と生命のフロンティア-」がYAC仙台たなばた分団の共催で開催され、たくさんの方々にご参加いただきました。

本イベントの最後には、日本宇宙少年団仙台たなばた分団、かくだ分団の両分団員が登壇し、大西宇宙飛行士、また、サプライズ登場となった金井宇宙飛行士へ花束の贈呈をしました。
(写真撮影・提供:東北大学広報課)


関連リンク 
東北大学 学際科学フロンティア研究所 開催報告
学際科学フロンティア研究所特別企画
大西卓哉宇宙飛行士ミッション報告会 in 宮城県仙台市
--国際宇宙ステーションから考える地球と生命のフロンティア--


17TU0422_0099.jpg
17TU0422_0209.jpg
17TU0422_0263.jpg
0279.jpg
0329.jpg

2017年8月22日(現地時間21日)、北アメリカ大陸を横断する地域で皆既日食になります。

YACでは、オレゴン州セーラムにて、皆既日食の観測をおこないます。

また、皆既日食観測後は、カリフォルニア州ロサンゼルスに移動し、
カリフォルニア・サイエンス・センターにて、毛利衛宇宙飛行士、若田光一宇宙飛行士、土井隆雄宇宙飛行士が搭乗したスペースシャトルエンデバー号の見学や、
宇宙関連施設(NASA ジェット推進研究所を予定)の見学を計画しています。

旅行主催は、海外旅行に多くの実績のあるHISを利用し、期間中は現地係員の案内がつきます。
また、日本宇宙少年団の職員も引率し、参加者の学びをサポートします。

スケジュール
8月19日(土) 成田空港出発
8月20日(日) 午前中・事前勉強会、午後・自由行動
8月21日(月) 【皆既日食観測】
8月22日(火) ロサンゼルスへ移動
8月23日(水) 【カリフォルニア・サイエンス・センターにてスペースシャトルエンデバー号の見学】
        【NASA ジェット推進研究所(JPL)の見学】
8月24日(木) ロサンゼルス空港出発
8月25日(金) 成田空港到着

参加費:一人当たり (ツインルーム2名1室利用)
一般・参加者保護者: 459,000円
YAC団員、YAC指導員 : 398,000円
※上記代金には、燃油サーチャージ、国内航空施設料、旅客サービス料、航空保険料、海外空港諸税が含まれています。  

食事条件:
朝食5回、昼食0回、夕食0回
(機内食は除きます)

対象:
一人での参加の場合(小学校4年生~大人)
保護者も一緒の参加の場合(小学校1年生~大人)

日本発着時利用航空会社:大韓航空(エコノミークラス)
宿泊予定ホテルについて、複数のホテルを使用する場合がありますが、スタッフが必ず宿泊します。

最少催行人数:20名

申込締切:6月26日(月)中必着
※先着順に受付け、締切前でも予告なく募集を終了する場合がございます。
 

企画:公益財団法人日本宇宙少年団 協力:関西宇宙イニシアティブ (KaSpI)
旅行主催:HIS




3月末発送のYAC定期発送物につきまして、YAC通信内において、記載内容に一部誤りがございました。皆さまには大変ご迷惑をお掛けし、深くお詫び申し上げますとともに、以下のとおり訂正させていただきます。


----------------------

『今回、宇宙フリーマガジン制作団体「TELSTAR」から、高校生世代(1999年4月2日~2002年4月1日生まれ)の団員の皆さんに読んでほしいということで、発行紙「TELSTAR」のプレゼントがありましたので対象の団員の方に同封しました。』

とありましたが、今回「TELSTAR」の新刊の発行が3月末までになかったため、新刊が発行された際には、次の定期発送物配送(6月末)の際に同封させていただきます。

------------------

米地質調査所(USGS)のウエブサイトからランドサットデータを入手されているかたは、 「Landsat Collection」、「Pre Collection」ということばにお気づきと思います。
今後ランドサットデータは、「Landsat Collection」に移行していきます。このことについて若干説明します。詳しくは次のサイトを参照ください。 

ランドサットデータを、米地質調査所(USGS)のサイトから入手される参考として、次のマニュアルを用意していました。

この資料の補足として、本情報をご活用ください。

---------------------
宇宙ホンモノ体験「衛星データ」の情報をまとめたページはこちらです。

 GoogleEarthで表示することについては「EISEI説明書」P-60で説明していますが、GoogleEarthでうまく表示できないとのお問い合わせがあります。そのことについて説明します。

 「EISEI」の最も魅力的な機能の一つに「GoogleEarthで表示」と好評を頂いていますが、セミナー会場でもGoogleEarthでうまく表示できない事例がありました。
 GoogleEarthのインストール時期が要因と推定しています。GoogleEarthをインストールせずにKMLファイルを開こうと(過去に)したことが原因と思われます。いちどそういう状況になると、その後GoogleEarthをインストールしても過去の設定によりGoogleEarthの起動が阻害されると思われます。

解決方法です。

1 「EISEI」で作成したKMLファイル(あるいは、それ以外のどんなKMLファイルでも可)を、
     EISEIではなく(Windowsの通常のファイル操作の)エクスプローラで探して、右クリック
      →「プログラムから開く」→「別のプログラムを選択」クリック

2 「このファイルを開く方法を選んでください」の画面で一覧からGoogleEarthを選択。
  GoogleEarthが一覧に無い場合は「その他のアプリ」をクリックすると下の
  方に出てくる(出てこない場合はGoogleEarthがインストールされていません)

3 「常にこのアプリを使う」にチェックを入れる

4 「Ok」を押す

* この操作によりKMLファイルはGoogleEarthと関連付けられ、次回からは
   「EISEI」からもGoogleEarthが自動起動されるはずです。

---------------------
宇宙ホンモノ体験「衛星データ」の情報をまとめたページはこちらです。
http://www.yac-j.com/hq/info/2016/05/post-56.html

目次