トップページ > YAC通信 > YACブログ > [予告・告知]の記事一覧

YAC通信

YACブログ

feed

[予告・告知]の記事一覧

  みなさん、こんにちは。
4月1日からYACの業務推進グループに参りました新谷(しんがい)と申します。18mパラボラ
よろしくお願いします。
長年やっている趣味のアマチュア無線に関連して少し書かせていただきます。

 5月9日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)勝浦宇宙通信所に行ってきました。
このJAXA勝浦宇宙通信所にはいくつかのパラボラアンテナがあります。このうち、直径18mのものは、1976年に人工衛星用追跡管制設備として建設されたものですが、現在は現役を退き、1994年に改造され、一般の見学者の方でも操作できるようなっているものがあります。

     

 
 説明板
 現在、この直径18mのパラボラアンテナを利用して、アマチュア無線を使った月面反射(EME:Earth-Moon-Earth)による通信実験などが行われています。
これは、「青少年に対する啓発活動」、「本邦アマチュア無線局の技術力向上」および「アマチュア無線界の底辺拡大」という目標に、JAXAの全面的なご協力の下、
Project KDES 2008(Project Katsuura Dish Experimental Station 2008)として2010年3月末まで社団法人日本アマチュア無線連盟が設置するアマチュア無線の特別局として運用していく予定とのことです。
(Project KDES 2008の概要

 この特別局の呼出符号(コールサイン)は「8J1AXA」が指定されています。同じコールサインで、月面反射(EME)の交信などを行うための固定局と、このプロジェクトのPR活動等のための移動できる局の2つのアマチュア無線特別局が設置されています。
 5月9日は、新しく1.2GHzという周波数帯を使った実験をするために、何人かの方が集まって工事をされるということで、私もお邪魔させていただきました。今後も、もっと高い周波数帯での通信実験等の準備もされていかれるそうです。

「お皿」と呼ばれる反射(はんしゃ)部 工事のお手伝いはマンホールにたまった水を抜くことやケーブルが通っている側溝のふたを開けることなどしかできませんでしたが、ヘルメットをかぶって直径18mのパラボラアンテナのおわんの部分まで上って見学させていただくことができました。  

 昨年10月からこのアマチュア無線の特別局の運用が始まっており、すでに月面反射(EME)通信では国内外のアマチュア無線局と延べ127局(4月5日現在)との交信ができているそうです。


「たけのこ」と呼ばれている輻射(ふくしゃ)部 2月にはアマチュア無線の資格を持った高校生の皆さんが招待され実際に月面反射での交信を行い、3月には7歳のアマチュア無線の資格を持った小学生も月面反射での交信を成功させたそうです。この模様はProject KDESの工事・運用記ブログでも紹介されています。
 残念ながらこの日は月面反射(EME)通信実験の予定がなく、同じ「8J1AXA」というコールサインで別にこのプロジェクトのPR活動等をするために設置された局を運用させていただきました。短時間ではありましたが、北海道から九州まで交信できましたし、お隣の国、韓国の局とも交信ができました。
このProject KDES 2008では、一般のアマチュア無線局が企画する通信実験も含めて広く青少年の皆さんに利用参加を呼びかけていらっしゃいます。もちろん見学だけでも大丈夫のようです。また、PR局の運用のお手伝い(関東エリアの方に限ります。)も大歓迎とのことでした。
YACの皆さんもこのProject KDES 2008に参加することを分団活動のひとつのプログラムに組み込んでみてはいかがでしょうか。

月面反射(EME)通信をする無線機ご希望があればProject KDES 2008事務局にコンタクトしてみてください。また、私あてにご連絡をいただければProject KDES 2008事務局の方にお話をさし上げることも可能です。
皆さんもぜひ大きなパラボラアンテナを使ってお月様に電波をぶつけて反射した電波で交信をするという宇宙規模の通信を体験してみませんか。




平成20年10月1日(水)からのYAC新ウェブサイトの試行運用に伴い、来週から、「本部通信」欄にて、YAC本部スタッフによる『YAC本部ブログ』の掲載をはじめます!!


『YAC本部ブログ』では、ここ神奈川県相模原市にあるYAC本部で働くスタッフの紹介・・・そして、毎週、必ずや全国津々浦々に出張している本部スタッフの姿のほか、日々の出来事などを随時、みなさまにお伝えしていければと考えています。

このブログを通じて、少しでも、本部スタッフの「顔」や内に秘めた思いや考えなどもお伝えでき、団員や指導員のみなさま、そして、YACに興味・関心をお持ちのみなさんなど多くの方々とコミュニケーションできればと思います。

まずは、やんわりと、少しずつ始めていきますので、よろしくお願いします。